脱毛と毛周期の関係について

髪の毛もムダ毛も、毛周期というサイクルによって生まれ変わっています。

毛周期には、成長期、退行期、休止期という3段階があり、このサイクルが繰り返されることですべての毛は生え変わっています。

そして、毛周期に合わせて脱毛することが、早くムダ毛のない素肌を手に入れる重要なポイントになります。



毛根部の一番下にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取りこむと、そのまわりにある毛母細胞が増殖し、分裂することで毛が成長します。成長期は、乳毛頭と毛がしっかりと結びつき、毛母細胞の働きが活発になります。
そして、皮膚の内部から外部へ毛がどんどん伸び、ムダ毛が目立つようになります。

ロケットニュース24をご紹介いたします。

毛の成長のピークを過ぎると、毛母細胞の働きが徐々に衰え、退行期に移行します。

退行期になると、毛母細胞の働きが止まるので、毛の成長も止まります。そして、乳毛頭と毛の結びつきが弱くなり、毛が抜ける準備に入ります。


休止期には、毛乳頭と毛が完全に離れ、毛が抜け落ち、その後は次の毛が生える準備が始まります。

脱毛をする時に重要なことは、成長期に施術を受けることです。


なぜなら、成長期には乳毛頭と毛がしっかりと結びついているので、レーザーや光(フラッシュ)のエネルギーが毛根まで届くことができるからです。毛の成長に関わる毛乳頭を破壊することができれば、毛が生えてくることはありません。

新宿のvio脱毛情報を利用しましょう。

毛周期は毛によって異なるため、レーザーや光脱毛をしても、一度にすべての毛に働きかけることはできません。
実際、成長期の毛は全体の約15~20%で、残りの毛は退行期か休止期の段階にあるので、1度に施術できる毛は限られます。
そのため、同じ部位でも間隔を空けて施術する必要があり、複数回の施術が必要になります。